アレルギーを持つ5歳児までの食事は、アレルギー原因物質を含まないメニューに工夫することが圧倒的

日清オイリオがアレルギーを持つ5歳児までの子供を持つ全国の母親100名に対して、2012年12月28日~2013年1月6日に実施した食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査。子供の食事で実践していることランキング(複数回答あり)

  1. 食物アレルギーの原因物質を除去したメニューにする
  2. 原因物質を完全除去ではなく、症状が出ない形態に調理した(加熱など)メニューにする
  3. 同じ食品を続けて食べさせないようにする
  4. 偏らないようバランスの良い食事になるよう心がける
  5. 国内産や無添加など安全性の高い食材を選ぶようにする
  6. 市販の低アレルギー食品やアレルギー対応食品など、代替食品を活用する
  7. 特別に何も気をつけていない
  8. お子様のアレルギーの原因ではない食品も念のために除去している
  9. 人と食事内容が異なることで子供がストレスを感じないようメニューに気をつける
  10. 食事の記録をつける
  11. その他

対処療法で、アレルギーが出ないように食事で気をつけるしかないという結果になった。同調査のほかの項目で、周囲や社会への希望を聞いていて、もっともニーズの高かったことは「食品のアレルギー表示を分かりやすく、充実させてほしい」ということだったことからも、表示がわかりにくいということは否めない。

出展:日清オイリオグループ

花粉症対策は衣類と市販薬。守りの対策が圧倒的に多い

美肌総合研究所が花粉症の女性88名に対して実施した花粉皮膚炎に関するアンケートの中から、花粉症対策で実践していることランキング(複数回答あり)

  1. マスクやゴーグル、花粉が付着しにくい素材の衣服の着用
  2. 目薬や鼻炎薬、抗アレルギー薬など市販薬の服用
  3. クリニックで処方された薬の服用
  4. 花粉症に効果的な食品を食べる(ヨーグルトや青汁など)
  5. 特になし
  6. クリニックでの治療(レーザー治療・注射など)
  7. その他

 花粉症の症状が出ても、医療機関での積極的な治療はしないという傾向がある。マスクやゴーグル、花粉が付着しにくい素材の衣類の着用から花粉症に効果的な食品を食べるまでの4アイテムが先頭集団。なにも実行しないが中央集団で、クリニックでの治療とその他がほぼ同等。

出展:ドクターシーラボ

おもしろいものを探すときの手段は、テレビよりもパソコン。携帯電話も使われている

NHKが実施した全国の16歳以上の国民、合計5,694名に対して、2012年11月2日~11月25日に実施したデジタル時代の新しいテレビ視聴(テレビ60年)調査。おもしろいものをさがすときに使うメディアランキング(2012年)

  1. パソコン
  2. テレビ
  3. 携帯電話
  4. 新聞
  5. この中にはない・わからない

 おもしろいものをさがすときのメディアとして筆頭に上がったのはパソコン、テレビとなった。比較として10年前の2002年のデータがあり、このときの筆頭はテレビ、パソコン、新聞の順。10年間でおもしろいものを探すメディアとしてパソコン=インターネットが多く使われる。着目したいメディアは携帯電話。2002年では最下位の情報入手手段であったが、2012年ではテレビに次ぐメディアへと成長した。

出展:NHK