従業員相談の中でリスクが高い内容のものは自殺につながりやすい案件が多い

国際EAP研究センターへ2012年4月~9月の従業員相談の内容に関して、なにかしらのリスクがあるかどうかの調査。どういったリスクにつながる可能性があるかを判断し、つながるリスクが多い順にランキング

  1. 自殺
  2. ハラスメント
  3. 精神的健康
  4. 他害
  5. アルコールなど依存
  6. 虐待

全相談に対して、リスクがあると判断した率は8%。この8%がどういうリスクにつながるかを数値にしたものが上記のランキング。リスクがある相談は自殺につながる率が高いという結果が出た。抑制には、継続的なフォローアップや職場との連携が必要。

出典:国際EAP研究センター

入学から卒業までの生活費、東京、京都の私立大学の下宿生は総額一千万円を超える。

新入生の保護者24,245名に対して、2012年4月~5月に実施した新入生調査。入学から卒業までの費用試算を金額が高い順にランキング

  1. 東京私立下宿生
  2. 京都私立下宿生
  3. 北海道私立下宿生
  4. 九州私立下宿生
  5. 東京国公立下宿生
  6. 京都国公立下宿生
  7. 九州国公立下宿生
  8. 北海道国公立下宿生
  9. 東京私立自宅生
  10. 京都私立自宅生
  11. 九州私立自宅生
  12. 北海道私立自宅生
  13. 京都国公立自宅生
  14. 東京国公立自宅生
  15. 九州国公立自宅生
  16. 北海道国公立自宅生

 最も高い東京私立下宿生が受験から入学にかかるまでの金額が1,100万円。最も安価に収まる北海道の国公立自宅生は516万円。授業料は国公立が年間535,800円、私立が1,044,770円で計算している。

出典:全国大学生活協同組合連合会

経理操作、データ偽造…世の正義に反することは内部告発の範疇

共同PRが関東圏・関西圏の給与所得者300名に対して、2012年10月5日~10月9日に実施した内部告発に関する意識調査。内部告発に該当する内容はなにかというランキング

  1. 経理操作
  2. 業務や品質データの偽造・偽装
  3. インサイダー取引
  4. 報告書の改ざん
  5. 談合やカルテル
  6. 労働基準法違反
  7. トップの不祥事
  8. 輸出入などの法律違反
  9. セクハラ、パワハラ
  10. 個人情報の流出・漏洩
  11. 従業員の過失や不祥事
  12. その他

 ランキングにしてしまうとわかりにくいが、40%以上の方が告発対象だと考えているボーダーラインは、輸出入などの法律違反(39.0%)。この8位より下の項目を告発対象だと考える方は、30%台以下の数しかいない。8位より上は世間の正義。9位以下は、特定個人の利益に関すること とわけられる。告発も個人の正義よりも世間の正義を最優先する傾向が見られる。

出典:共同PR