昨年購入の高額商品の筆頭は国内旅行。家電はもはや高額商品ではなくなった

共立総合研究所が大垣共立銀行本支店(東京・大阪を除く)に来訪した主婦784名対して、2012年11月16日~22日に実施した主婦の消費行動に関するアンケート。2012年に10万円以上の高額商品購入をしたものランキング上位5位(複数回答あり)

  1. 国内旅行
  2. 自動車の購入・維持
  3. 一般家電
  4. 海外旅行
  5. 情報家電

 昨年、家庭で購入した高額商品としてあがったものは、国内旅行だった。消費行動がモノから体験へ移っているという背景を映し出した。家電類が順位を落としているが、これまで高額だった家電の価格が10万円以下に落ちてきたという現実も考慮しておく必要はある。

出典:共立総合研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です