1ヶ月のサプリメント購入費用は1,000円~5,000円。実店舗購入も含む

Yahoo!が調査した、1年以内にインターネットの通信販売でサプリメントを購入したことのある全国の20~60台の男女1,030名を対象にして、2012年12月12日~13日に実施した健康食品・サプリメントに関する意識/行動調査。調査の中から、1ヶ月に健康食品・サプリメントにかける金額帯が多い順にランキング

  1. 1,000円~5,000円未満
  2. 1,000円未満
  3. 5,000円~10,000円未満
  4. 10,000円~50,000円未満
  5. 50,000円以上

もっとも多いのが1,000円~5,000円の金額帯で全体の59%以上となる。毎月50,000円以上の購入はほとんどない。なお、このランキングは全年齢帯の結果である。調査では年代別に集計しており、10,000円以上購入してくれる年代/性別は、女性の50代と男性の40代となっている。

出典:Yahoo!

ママの買いもの、カタログ通販よりもネット。フルタイム仕事ママは衝動買いも多い

博報堂こそだて家族研究所が20-40代の0-9歳の子供をもつ既婚女性1,223名に対して、2012年9月23日~28日に実施したママのワークスタイルと消費調査。この調査からお金の消費傾向であてはまる・ややあてはまるを回答した率が多い順にランキング

  1. 家族旅行や家族のイベントにはお金をかけたいと思う
  2. 誕生日や記念日等は、普段より豪華な食事を用意して自宅でお祝いすることが多い
  3. 割引や値引きがあると、普段は購入しないものも購入したくなる
  4. 子供にとってよいと思うものやことにお金をかけることを惜しまない
  5. インターネットで、商品を頻繁に購入している
  6. 気分転換で買い物をすることが多い
  7. 自分へのご褒美で商品やサービスを購入することがよくある
  8. 子供のものは、できるだけお下がりや中古のものを利用したい
  9. 限定品だと普段は購入しないものも購入したくなる
  10. 誕生日や記念日などは外食をしてお祝いすることが多い
  11. 自分は買い物が上手な方だと思う
  12. 新製品だと試してみたくなる
  13. 衝動買いをすることがよくある
  14. 価格帯があがればあがるほど、価格の正当性や善し悪しの判断がつかなくなる
  15. カタログ通販で商品を頻繁に購入している

 ママの消費先は、カタログ通販よりもはるかにインターネットショップで購入することのほうが多いという傾向が出た。上記結果はママの職業を分けずにサンプル全体での結果。これをフルタイムで仕事をしているママと専業主婦で分けると、フルタイム仕事のママはインターネットで商品を頻繁に購入して、誕生日や記念日には外食でお祝いし、衝動買いをして、カタログ通販で商品を頻繁に購入することが多くなる。

出典:博報堂

結婚が決まった友人に聞きたいことランキング

gooは、2013年1月21日~2月3日にかけて「結婚が決まった友人に聞きたいこと」についてアンケートを実施した。アンケートに投票したのは、NTTドコモ「みんなの声」ユーザー8,500人。

  1. 結婚の決め手
  2. 出会った場所
  3. 相手の職業
  4. プロポーズの言葉
  5. 交際期間
  6. 好きなところ
  7. 妊娠しているか
  8. 相手の年収
  9. 新婚旅行の予定地
  10. 結婚式の予算
  11. プロポーズの場所

出典:gooランキング

燃費の良い乗用車ベスト10

国土交通省は、平成24年版燃費の良い乗用車ベスト10を公表した。以下は普通・小型自動車のランキング。

  1. アクア(トヨタ)
  2. プリウス(トヨタ)
  3. レクサスCT200h(トヨタ)
  4. インサイト(ホンダ)
  5. ミラージュ(三菱)
  6. フィット(ホンダ)
  7. プリウスα(トヨタ)
  8. フィットシャトル(ホンダ)
  9. ノート(ニッサン)
  10. デミオ(マツダ)

軽自動車ランキングでは、1位にアルト(スズキ)とキャロル(マツダ)が、3位にミライース(ダイハツ)、プレオプラス(スバル)、ピクシスエポック(トヨタ)が並んだ。

出典:国土交通省

情報システムを取り巻く10大脅威

独立行政法人情報処理推進機構は、近年の情報システムを取り巻く脅威について解説した「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」を公開した。

10大脅威執筆者会メンバー(117名)の投票により選ばれた10大脅威のランキングは次のとおり。

  1. クライアントソフトの脆弱性を突いた攻撃
  2. 標的型諜報攻撃の脅威
  3. スマートデバイスを狙った悪意あるアプリの横行
  4. ウイルスを使った遠隔操作
  5. 金銭窃取を目的としたウイルスの横行
  6. 予期せぬ業務停止
  7. ウェブサイトを狙った攻撃
  8. パスワード流出の脅威
  9. 内部犯行
  10. フィッシング詐欺

同レポートでは、「クラウド利用における課題」「重要インフラを狙った攻撃」「既存対策をすり抜ける攻撃の広がり」の3つの脅威が今後顕在化していくものと予想している。

出典:情報処理推進機構

景気回復への期待感から、2月は過去5年で最多の求人数

転職サービスDODAは、2013年2月の「DODA転職求人倍率レポート」を発表した。

転職求人倍率は、DODA転職支援サービス登録者(転職希望者)1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値である。以下は、職種別転職獣人倍率のランキング。

  1. 技術系(IT/通信)
  2. 技術系(メディカル)
  3. 技術系(電気/機械)
  4. 技術系(建築/土木)
  5. クリエイティブ系
  6. 専門職
  7. 営業系
  8. 技術系(化学/食品)
  9. 事務・アシスタント
  10. 企画・事務系
  11. 販売/サービス系

レポートによれば、2月の求人倍率は前月比+0.02ポイントの1.40倍となり、過去5年間で最多となった。同レポートでは、3月中旬頃から下旬にかけて転職マーケットは活発化するものと予想している。

出典:株式会社インテリジェンス

就活ランキングトップは、個別企業セミナーに参加すること

マイナビは、2013年2月25日~3月1日まで、2014年卒業予定の全国の大学3年生・大学院1年生4,430名を対象に、就職活動状況の定点調査を実施した(有効回答率33.2%)。

以下は、その中で2月にどのような就活をしたかのランキング(複数回答)。

  1. 個別企業セミナーに実際に参加
  2. 企業研究をした
  3. 個別企業セミナーに参加する予定
  4. 企業にエントリーシートを提出した
  5. 企業からエントリーシートを取り寄せた
  6. 企業にエントリーした
  7. 仕事(職種)研究をした
  8. 自己分析をした
  9. 業界研究をした
  10. 企業にエントリーシートが通過した
  11. 1次面接を受けた
  12. 人事担当者と会った
  13. OB・OGやリクルーターと会った
  14. 大学の就職課やキャリアセンターに相談した
  15. 大学主催のガイダンスに出席した
  16. 合同企業説明会に参加した
  17. 就職情報サイトに新規会員登録をした
  18. 最終面接を受けた
  19. 内々定を受けた
  20. 進学・留学等が決まり就職活動を中止した
  21. 内定先を決めて就職活動を終了した

上位5項目は80%を超えることから、学生は活発に就活をしていると思われる。また、58.4%がすでに1次面接を受けていると回答。

12月からの3カ月累計において、エントリー社数は67.1社、個別企業セミナーの参加社数は9.6社、エントリーシートを提出した社数は6.1社と、いずれも13年卒の平均を上回っている。

これらの動きには、就職できるかどうかを不安に思う(63.0%が不安に思うと回答)ことが大きいのかもしれない。

出典:マイナビ

放射性物質が気になる食品は野菜、米、鮮魚貝類

消費者庁は、2013年2月15に被災地域・都市圏に住む20~60代男女5,176人を対象に、風評被害に関する消費者意識の実態調査を行った。

以下は、「産地を気にしている」人のうち「放射性物質の含まれていない食品を買いたいから」を理由に挙げた人が、特に産地に注意している食品のランキング(複数回答あり、「その他」を除く)。

  1. 野菜
  2. 鮮魚貝類
  3. 果物
  4. きのこ類
  5. 牛肉
  6. 牛乳
  7. 豚肉
  8. 鶏肉
  9. 加工食品

放射線が人体に与える影響について「日常生活の中でも自然放射線によって被ばくしていることを知っている」が42.6%、食品中の放射性物質は基準値を超過したものを数回食べても健康影響は低いことを知っている(思っている)」が30.5%であっても、産地を「気にする」(28.2%)「どちらかといえば気にする」(40.0%)と半数以上の人は、やはり産地に注意している。さらに、そう回答した人の40.9%が、その理由として「放射性物質の含まれていない食品を買いたいから」を挙げている。

このことは、食品中の放射性物質の基準について「基準値以内であってもできるだけ放射性物質の含有量の低いものを食べたい」(50.9%)という意識の表れなのではないだろうか。

出典:消費者庁

スマホでよく使うアプリはSNS、ゲーム

オリコンスタイルは、2013年2月6日~13日にかけて、モバイル端末を持つ20~40代の男女1,326名を対象に、モバイル端末に関する意識・実態調査を行った。

以下は、スマホを使いこないしている「神スマ層」が使っているアプリのランキング。

  1. SNS
  2. ゲーム
  3. 天気
  4. 音楽
  5. 写真・ビデオ
  6. クーポン
  7. ニュース
  8. エンタテイメント
  9. ナビ
  10. 仕事効率化

モバイル端末保有者の54.3%がスマホを利用。上記のように多様なアプリを使いこなす層(神スマ層)がいる一方で、スマホの使い方がよくわからない層((仮)スマ層)も存在する。

出典:オリコンスタイル

中間所得層が行く人気のある海外旅行地は韓国、ハワイ

シニア・ナビリサーチは、2013年2月4日~7日にかけて全国50歳以上の男女1,000人に対し、「シニアの旅行に関する調査vol.3」を実施、結果を公開した。

以下は、その中で年収500万円以上の世帯が、この春(2013年3月~5月)に行く予定の国ランキング(複数回答)。

  1. 韓国
  2. ハワイ
  3. 台湾
  4. オーストラリア
  5. タイ

男性の1位は台湾、女性の1位は韓国と、シニア世代には欧米よりもアジアに行く傾向があるようだ。

出典:Qzoo シニア・ナビリサーチ