就学学生の半数は終身雇用願望

エン・ジャパンは、2013年2月1日~12日にかけて、2014年3月卒業予定の学生1,069名と求人企業307社を対象に、「2014年度新卒採用就職・採用活動アンケート」を実施した。

以下は、その中の学生に対して「最初に就職した企業で働きたい期間」ランキング。

  1. 定年まで
  2. 10年以上
  3. わからない
  4. 5年以上10年未満
  5. 5年未満

就職難、雇用環境の悪化が影響しているせいか、学生の約半数が「終身雇用」を願っているという結果になった。

一方、3年未満で辞めていくといった早期退職を課題としている企業は約6割存在。企業としても長く勤めてほしいと思い、学生も長く勤めたいと思っているにもかかわらず、現実としてはそうなっていないことが浮き彫りとなったようだ。

出典:en-japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です