余暇の過ごし方、国内旅行に行くのがダントツに多い

日本リサーチセンターは、2013年2月4~16日にかけて、全国の15~79歳の男女1,200人を対象に、余暇活動に関する意識調査を実施した。

以下は、1年間で行った余暇活動のランキング(複数回答)。

  1. 国内旅行(宿泊)
  2. 居酒屋、パブ
  3. 温浴施設、健康ランド、クアハウス、スーパー銭湯、岩盤浴、サウナ等
  4. 読書
  5. 映画館
  6. レンタルビデオ、DVD鑑賞
  7. 国内旅行(日帰り)
  8. グルメ、食べ歩き
  9. カラオケ
  10. ドライブ、ツーリング
  11. 宝くじ(totoを含む)
  12. 遊園地、水族館、植物園
  13. ジョギング、ウォーキング
  14. テレビゲーム、ネットゲーム
  15. ゲームセンター、アミューズメント施設
  16. 整体、マッサージ
  17. 博物館、美術館
  18. 園芸、盆栽、ガーデニング
  19. バーベキュー、キャンプ
  20. ボーリング、ビリヤード、ダーツ
  21. プール
  22. 自治会活動
  23. スポーツ観戦(野球・サッカー場など)
  24. ライブ、コンサート
  25. 海水浴
  26. テニス、卓球、フットサルなどの球技
  27. パチンコ、パチスロ
  28. 演劇・観劇(ミュージカル、歌舞伎、お笑いなど)
  29. 釣り
  30. ボランティア
  31. 登山、ハイキング
  32. 海外旅行
  33. ウインタースポーツ(スキー、スノーボード、スケートなど)
  34. カードゲーム、ボードゲーム、チェス、オセロなど
  35. フィットネスクラブ、トレーニングジム
  36. ゴルフ
  37. プラネタリウム
  38. 麻雀
  39. 競馬
  40. エステティックサロン
  41. 囲碁、将棋
  42. ネイルサロン
  43. 舞踏、ダンス
  44. ヨガ、ピラティス
  45. 通信教育、趣味や資格取得のための勉強
  46. カルチャーセンター
  47. 語学や資格取得のための学校
  48. マリンスポーツ(サーフィン、ダイビングなど)
  49. 料理教室
  50. 競輪、競艇

1位の国内旅行(宿泊)は50.9%、7位の国内旅行(日帰り)も37.8%となり、余暇の過ごし方としてはダントツと言えるだろう。なお、旅行は、性別や年齢に関係なく実施率が高くなっている。

一方、偏ったものとしては「園芸、盆栽、ガーデニング」「カラオケ」「テレビゲーム・ネットゲーム」「ドライブ・ツーリング」「宝くじ」がある。

「園芸、盆栽、ガーデニング」は60~79歳の女性、「カラオケ」と「テレビゲーム・ネットゲーム」は15~39歳の男性、「ドライブ・ツーリング」は40~59歳の男性、「宝くじ」は60~79歳の男性のみ実施率が高くなった。

出典:日本リサーチセンター

クーポンの取得方法、新聞・雑誌よりも折込チラシ・フリーペーパーが上位に

MMD研究所(株式会社アップデイト)は、2013年2月21~24日にかけて、クーポンを利用したことのある20歳以上のフィーチャーフォン利用者250人、スマートフォン利用者250人を対象に、クーポンに関する意識調査を実施した。

以下は、最も利用頻度の高いクーポンの取得元(スマートフォン)のランキング。

  1. スマートフォンアプリで取得
  2. スマートフォンサイトで取得
  3. PCサイトで取得
  4. 折込チラシに載っていた
  5. フリーペーパーに載っていた
  6. PCメルマガで送られてきた
  7. 店頭や駅で受け取った
  8. モバイルメルマガで送られてきた
  9. ダイレクトメールで送られてきた
  10. 新聞に載っていた
  11. 雑誌に載っていた
  12. その他

利用頻度の高いクーポンの取得元は、フィーチャーフォンとスマートフォンとで傾向が異なる。フィーチャーフォンの1位は「PCサイトで取得」で30.0%となったが、スマートフォンでは15.2%に過ぎない。また、折込チラシも、フィーチャーフォンは2位で20.0%となったが、スマートフォンでは11.2%だった。この結果から、スマートフォンではアプリやサイトで取得することが多いがフィーチャーフォンではその割合は少なくなっていると言えそうだ。だが、これは使い方の違いによるものだろうと思われる。

一方、共通しているものもある。それは、メルマガやダイレクトメールに送られてきたクーポンや新聞・雑誌に載っていたクーポンがかなり低いことだ。新聞・雑誌はどちらも0.8%、メルマガやダイレクトメールは4~5%にとどまった。つまり、これらのメディアの広告効果は、折込チラシやフリーペーパーよりもないということになる。

なお、新規購入・申込み、継続購入・申込みともに、クーポンがあることで「影響する」と回答したのは8割を超える。ただし、クーポンが利用できなかったことで購入・申込みをしなかった経験は、フィーチャーフォンは52.9%、スマートフォンは56.4%にとどまった。

出典:MMD研究所

粉もの料理、男性はビールとの相性に魅力があるようだ

アサヒグループホールディングスは、2013年4月17~23日にかけて、全国の20歳以上の男女720人を対象に、粉もの料理に関する意識調査を実施した。

以下は、男性が感じた粉もの料理の魅力ランキング。

  1. ビールなどとの相性が良い
  2. 庶民の味
  3. 満腹感がある
  4. コスト(値段)が安い
  5. 調理が簡単
  6. 食べやすい
  7. 腹持ちが良い
  8. バリエーションが広がる
  9. 熱々が食べられる
  10. 家族団らんに良い

「調理が簡単」は、男性のランキングでは5位とかなり下がるが、女性では堂々1位に輝いた。また、男女で大きく違ったのは「家族団らんに良い」だ。男性が9位なのに対し、女性は6位と高く評価している。

ちなみに、好きな粉もの料理は、1位がたこ焼き、2位が焼きそば、3位が関西風お好み焼き、4位が広島風お好み焼き、5位が焼うどんと、上位は日本のジャンクフードが勢ぞろいで、まるで縁日の屋台のように感じられる。

出典:アサヒグループホールディングス

高卒者の求人充足率、医療・福祉が最下位

厚生労働省は、平成24年度の新規高卒者に対する求人の充足状況を公開した。以下は産業別充足率のランキング。

  1. 電気・ガス・熱供給・水道業
  2. 金融、保険業
  3. 複合サービス事業
  4. 製造業
  5. 運輸業、郵便業
  6. 卸売業、小売業
  7. 情報通信業
  8. 宿泊業、飲食サービス業
  9. サービス業(他に分類されないもの)
  10. 学術研究、専門・技術サービス業
  11. 農、林、漁業
  12. 建設業
  13. 不動産業、物品賃貸業
  14. 医療、福祉
  15. 生活関連サービス業、娯楽業

平均充足率は57.3%。規模別では、事業所規模が大きいほど、充足率も高くなる。また、新規学校卒業者の求人。求職・就職の状況報告によると、平成25年1月末時点における高校生の就職内定率は88.3%だという。

出典:厚生労働省

昔懐かしのお菓子で思い出すのは、小枝のホワイトチョコ版「白樺の小枝」

日本ブランド戦略研究所は、2013年3月19~20日にかけて、全国の35~59歳の男女100人を対象に、復活してお菓子についてアンケート調査を実施した。

  1. 白樺の小枝(森永)
  2. V.I.P(ロッテ)
  3. 宝石箱(雪印乳業(当時))
  4. ノースキャロライナ(不二家)
  5. ドンパッチ(味の素ゼネラルフーズ)
  6. マリブのさざ波(ロッテ)
  7. Eve(ロッテ)
  8. さかなかな?!(ハウス食品)
  9. マイレコード(明治)
  10. マリンバ(江崎グリコ)

なお、復活してほしい飲料のトップ3は、TESS(サントリー)、オフサイド(キリン)、Pekoe(サントリー)だった。

こうやって商品名を見てみると、懐かしいと思うお菓子や飲み物がある反面、まったく覚えていない商品名もある。新しい商品や季節限定など、次から次へと発売されている現状では、こんなお菓子や飲み物もあったと思い出すのもいいかもしれない。

出典:日本ブランド戦略研究所