海外でのお買い物、自分用に現地の高級特産品を購入

JTB総合研究所は、2012年10月18~20日にかけて、日本に居住し、2012年3月~9月までに海外旅行をした20~78歳の男女1,030人を対象に、海外ショッピング調査を行った。

以下は、平均購入額の多いカテゴリのランキング。

  1. 服飾品、バッグ、アクセサリー、革製品、ランジェリー 841US$
  2. 宝飾品、時計 731US$
  3. 現地の高級特産品 619US$
  4. 香水、フレグランス、化粧品 312US$
  5. ガラス製品、銀製品、高級おもちゃなど 299US$
  6. 電気製品、携帯電話(参考値) 277US$
  7. 菓子 218US$
  8. 酒類 183US$
  9. タバコ 131US$

2012年の海外旅行者数は過去最高の1,849万人。2000年以降、グアム/サイパン、ハワイなどが低迷している反面、2004年以降、韓国、中国への旅行者が増えているようだ。

お買いもの費用の平均は697米ドル。2010年よりも51米ドル増えている。カテゴリ別では「現地の高級特産品」「菓子」が伸びている。

円安になったとはいえ、1ドル110円前後の水準であれば、海外旅行者も海外旅行でのお買い物も現状とほぼ同じ傾向が続くのではないだろうか。

出典:JTB総合研究所

日本はコンテンツ利用にお金を払いたがらない? 広告回避のための有料課金同意率で世界10カ国の平均をかなり下回る

デロイト トーマツ コンサルティングは、2013年度の「メディアデモクラシーの現状」の結果を発表した。「メディアデモクラシーの現状」は、2012年11月~2013年2月にかけて、日本、アメリカ、オーストラリア、フランス、ドイツ、イタリア、韓国、ノルウェー、スペイン、イギリスの10カ国の消費者20,315人(日本は2,009人)を対象に、メディア消費の動向を調査したもの。2013年度版は7回目となる。

以下は、広告回避のための有料課金同意率の10カ国のランキング。

  1. ノルウェー 39%
  2. 韓国 35%
  3. スペイン 27%
  4. アメリカ 26%
  5. オーストラリア 23%
  6. ドイツ 21%
  7. イギリス 20%
  8. イタリア 19%
  9. フランス 18%
  10. 日本 8%

広告回避のための有料課金とは、広告が表示されないために、ニュースやテレビ、音楽、ゲームなどのオンラインコンテンツに支出することに対して同意すること。10カ国平均は22%。日本以外はだいたい20%前後、ノルウェーや韓国では3割を超えている。

この傾向は、他の項目にも出ている。たとえば、映像サービスの契約率では、ケーブルテレビこそ22%となったが、衛星放送は13%、ストリーミング映像サービスは2%、ビデオオンデマンドも1%と、これも平均よりもかなり低くなった。また、有料放送の契約率も4割弱でしかなく平均の54%に比べると20ポイントも低くなった。さらに、定額オンライン音楽配信サービスにいたってはわずか1%(平均6%)、電子書籍も9%(平均26%)と共に最下位だ。

FTTHの普及率は48%と、平均の16%よりもはるかに高いことから、世帯へのネットワーク環境はかなり整ってきているといえるだろう。だが、日本に根強く残る「コンテンツは無料」という意識が、この調査結果によく出ているように思える。

出典:トーマツ

Gartner Says Worldwide Server Shipments Declined 0.7 Percent; Revenue Declined 5 Percent in First Quarter of 2013

In the first quarter 2013, worldwide server shipments declined 0.7 percent year-on-year, while revenue declined 5.0 percent from the first quarter of 2012, according to Gartner, Inc. This is Worldwide Server Vendor share, 1Q13.

  1. IBM 25.5%
  2. HP 25.0%
  3. Dell 18.0%
  4. Fujitsu 4.9%
  5. Oracle 4.6%
  6. Others 22.0%

出典:Gartner

飲食の簡素化・有料化は仕方ないが、遅延が発生する恐れがあるのは許せないらしい

ライフメディア リサーチバンクは、2013年5月15~22日にかけて、20歳以上の1年に1回以上航空機を利用する男女1,500人を対象に、格安航空会社(LCC)に関する調査を実施した。

以下は、LCCが低価格で運行するために行っている施策で許容できると思うものランキング(全体:複数回答)。

  1. 食事や飲料の簡素化、有料化 80.6%
  2. エコノミークラスのみ 56.7%
  3. 機内エンターテインメントの廃止 53.9%
  4. 毛布や枕の有料化 50.3%
  5. 航空券の予約・販売はインターネットのみ 48.1%
  6. マイレージサービスをしない 42.4%
  7. 預かり手荷物の有料化 36.1%
  8. 座席や座席間が狭い 33.9%
  9. 座席指定の有料化 27.9%
  10. 小型空港からの発着 24.7%
  11. 座席指定の廃止 20.7%
  12. 保有機材の効率よい運行(遅延が発生する恐れ有) 14.5%
  13. キャンセルができない 12.7%
  14. 許容できるものはない 4.3%

全体的に女性よりも男性の方がわずかに数値が大きくなった(許容度が高い)。特に「毛布や枕の有料化(8.5ポイント差)」「座席指定の廃止(6.3ポイント差)」「座席指定の有料化(8.7ポイント差)」「小型空港からの発着(10.1ポイント差)」「保有機材の効率よい運行(8.7ポイント差)」は、男女差で意識がかなり異なる。

LCCの認知度は男性が75.3%、女性が61.3%となり、認知度は高いといえる。ただし、実際に利用したことのある人は男性が22.3%、女性が19.5%で2割程度にとどまっている。

利用した人はわずか2割程度だが、彼らの満足度(「非常に満足」「満足」の合計)は、男性57.5%、女性58.9%と、それなりの評価は得ている。

出典:リサーチバンク

LINE、10代で90%、20代でも77%が利用

ニールセンは、スマートフォン視聴率情報Mobile NetViewの3月データの結果を発表した。

以下は、スマートフォンからのサービス利用状況トップ5(男女別)。

    ●男性

  1. Google検索 78%
  2. Google地図 60%
  3. Google Play 60%
  4. 楽天市場 55%
  5. LINE 54%

    ●女性

  1. Google検索 83%
  2. LINE 73%
  3. 楽天市場 66%
  4. Google地図 63%
  5. Google Play 62%

一人当たりの月間利用時間は、男性が34時間、女性が47時間となり、女性のほうがはるかに利用している。また、男女差も出ており、話題のLINEは女性のほうが19ポイントも多くなった。

年代別でもLINEは40代以降が半数以下となったことに対し、10代は90%、20代は77%が利用している。また、10代、20代ではアメブロ(10代で73%、20代で61%)の利用も多い。逆に60代以上になると、他の年代ではトップ5に入っていないYahoo!ニュース(37%)が5位にランクインされている。

スマホの利用では、男女差というよりも世代差が明確に出た感がある。その一方で、どの年代でもGoogle検索は7割以上が使っていることが改めて認識される結果となったといえよう。

今後もLINEが伸びていくのか、それとも別のアプリが台頭するか、これからの展開が期待できそうだ。

出典:ニールセン株式会社

コンプライアンス違反を理由にした法的整理の半数以上は業法違反

帝国データバンクは、2012年4月~2013年3月の1年間で、コンプライアンス違反が理由で法的整理となった負債額1億円以上の企業について調査報告を公開した。本調査は2012年5月に続き9回目となる。

以下は、違反類型別ランキング。

  1. 業法違反 60件
  2. 粉飾  57件
  3. 資金使途不正 25件
  4. 雇用 11件
  5. 不正受給 7件
  6. 談合 6件
  7. 脱税 5件
  8. 偽装 5件
  9. 不法投棄 3件
  10. 贈収賄 2件
  11. 過剰営業 1件
  12. その他 18件

2012年度にコンプライアンス違反が理由で法的整理となった企業数は200件。調査を開始した2005年以降最も多くなった。

今年度1位となった業法違反とは、主に建設業法や道路運送法違反のことを指す。業種でも建設業が一番多く、次いで運輸・通信業、卸売業となった。今回の調査では、20年以上の業歴を持つ企業が全体の約7割に迫る結果となった。

出典:帝国データバンク[TDB]

認知されているということは売れていることの証?

ネオマーケティングは、2013年5月16~17日にかけて、全国20歳以上の男女1,000人を対象に、2013年4月1~30日に発売された「アイスクリーム(15種類)」「スナック菓子(21種類)」「カップ麺(22種類)」に関する認知・購入度について調査した。

以下は、カップ麺認知度ランキングの上位5商品(複数回答)。

  1. 東洋水産 マルちゃん麺づくり<醤油とんこつ>
  2. 明星食品 明星 一平ちゃん夜店の焼そば<わさびマヨ醤油味>
  3. サンヨー食品 サッポロ一番カップスター<じゃがバター味>
  4. エースコック カレーハウス CoCo壱番屋監修マイルドカレーラーメン
  5. 日清食品 カップヌードル<鶏しおオニオンヌードル>ビッグ

これら新商品を実際に購入したランキングも、3位までは認知度と同じ結果になった。

アイスクリームの認知度・購入度1位はともに森永乳業の「ピノ<ダークショコラ>」、スナック菓子の認知度・購入度も1位は同じで、湖池屋の「ポテトチップス リッチカット<リッチコンソメ>」となった。

年代別にみると、購入度のランキングは変動しているが、食品の場合、認知度と購入度はほぼ比例しているといってもいいのかもしれない。

出典:NEO MARKETING – ネオマーケティング

ブランド・商品のFacebookページ、半数のユーザーに効果がある?

月刊誌『アイ・エム・プレス』は、2013年4月24~30日にかけて、Facebookの利用を1年以上前に開始し、現在ほぼ毎日利用している20~60代の男女1,025人を対象に、Facebookの利用状況について調査した。

以下は、企業・ブランドの投稿を見て起こした行動のランキング。

  1. それをきっかけに初めて知った企業・ブランド・商品がある 32.7%
  2. 企業・ブランド・商品のfacebookページに「いいね!」をした 28.6%
  3. 企業・ブランド・商品のfacebookページにアクセスしてほかの投稿も見た 22.3%
  4. 告知されていたキャンペーンに参加した 19.6%
  5. 企業・ブランド・商品のWebサイトにアクセスしてより詳しい情報を見た 17.4%
  6. 投稿をシェアした 13.6%
  7. 商品・サービスを購入した 8.9%
  8. 店舗に足を運んでブランド・商品を確かめた 8.4%
  9. 投稿について友人・知人と話題にした 7.5%
  10. 特に何もしていない 31.6%
  11. 企業・ブランドの投稿は故意に飛ばして見ないようにしている 4.5%
  12. 企業・ブランドの投稿はほとんど見た記憶がない 7.3%

ニュースフィードを、少なくとも本文をすべて読むあるいはできるだけ読む、斜め読みになってもすべて目を通すという人を合計すると51.7%となり、過半数の人が読んでいるという結果になった。

facebookのファンページを利用したブランド認知は、それなりの効果があるのかもしれない。

出典:ドゥ・ハウス(DO HOUSE)

旅慣れたトラベラーが選ぶおすすめスポット。「島」ジャンルトップのタオ島にはウミガメがいるらしい

トリップアドバイザーは、旅行者が選ぶ人気のスポットのランキングを発表した。アワードは、ホテル、ロマンティックな補綴、家族向けのホテル、観光都市、ビーチ、島の6ジャンル。世界全体と各国のランキングの両方が閲覧できる。

以下は、世界の島のランキングトップ10。

  1. タオ島
  2. ヌサ レンボンガン
  3. ランター島
  4. ギリトラワンガン
  5. ボラカイ
  6. プーケット
  7. サムイ島
  8. バラワン
  9. ランカウイ
  10. ハブロック島

島の自然の写真を見るだけでも、夏らしい気分を味わえるかも。

ちなみに人気の観光地トップ25で、日本は東京が15位にランクインした。トリップアドバイザーの説明には「伝統とポップカルチャーが共存する東京では、古い寺院を恭しくあがめた後にカラオケバーで歌い明かすこともできます(省略)」とのこと。

出典:トリップアドバイザー

Germany most popular country in the world-BBC

More than 26,000 people were surveyed internationally for the poll.

  1. Germany
  2. Canada
  3. UK
  4. Japan
  5. France
  6. EU
  7. Brazil
  8. USA
  9. China
  10. South Korea
  11. South Africa
  12. India
  13. Russia
  14. Israel
  15. North Korea
  16. Pakistan
  17. Iran

日本は4位だったが、昨年よりもポジティブ度は7ポイント下がり、ネガティブ度が6ポイント増と、2012年の時よりも悪くなった。
出典:BBC