アベノミクス効果の向かう先は、日本株買い

日興アセットマネジメントは、2013年4月19~23日にかけて、全国の投資ご意見番の登録者1,509人(男性74%、女性26%)を対象に、アベノミクスについてのアンケート調査を実施した。

以下は、安倍政権の発足以降株高・円安が進んだことで投資をした金融商品のランキング(複数回答)。

  1. 日本株
  2. 投資信託
  3. F/X
  4. J-REIT
  5. ETF
  6. 海外株
  7. 国債以外の債権
  8. 国債
  9. その他

アベノミクスを評価する人は、「大いに評価する」「ある程度評価する」合わせて72%となり、圧倒的な支持を得ている。これは株高・円安が進行しているからだろう。

また、今後3カ月間(7月末)で、29%が15,000円まで株高が、44%が100円~105円未満まで円安が進行すると予測している。これも安倍政権への期待からだと思われる。

出典:日興アセットマネジメント

10代女子生徒、身近で体罰があると、半数近くがその教師に恐怖を感じる

ふみコミュニケーションズは、2013年2月28日~3月30日にかけて、全国のフミコミュ!ユーザー370人(中学生65.0%、高校生21.0%)を対象に、学校での体罰を含む生徒指導についてのアンケートを実施した。フミコミュ!は女子中高生を対象とした情報サイト。

以下は、友人・知人が体罰を受けたと聞いたとき、どのように感じたかのランキング。

  1. 体罰を行った教師を怖く感じるようになった
  2. 体罰を行った教師を憎むようになった
  3. 特に何も感じなかった
  4. その他
  5. 体罰を行った教師を好きになった

66.2%は自分自身も周りでも体罰に関わることはまったくないと回答しているが、自分が体罰を受けたことがあるのは4.3%、クラス/部活の友人が体罰を受けたことがあるのは18.4%と、2割以上の生徒が体験していることが判明。また、学校の生徒が体罰を受けたと聞いたことがあると回答した生徒は11.1%となった。

直接体罰を受けていなくても、友人・知人が受けたり、学校の生徒が受けた話を聞いたことで、その生徒に恐怖あるいは憎悪感情を抱かせる結果につながることになってしまうといえそうだ。

出典:株式会社ふみコミュニケーションズ

日本はiPhone好き? 主要国で日本だけがAndroid携帯よりもiPhoneのシェアが高い

カンター・ジャパンは、2013年1~3月にかけて、日本、アメリカ、中国(都市部)、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストラリアに住む16歳以上の男女(イギリスは13歳以上)10,000人を対象に、「カンター・ワールドパネル・コムテック調査」を実施した。

以下は、Android携帯の販売シェアの国別ランキング。

  1. スペイン
  2. ドイツ
  3. 中国(都市部)
  4. フランス
  5. イタリア
  6. オーストラリア
  7. イギリス
  8. アメリカ
  9. 日本

Android携帯よりもiPhoneのほうがシェアが高かったのは、日本だけだった。また、日本とアメリカの2カ国は、Android携帯のシェアが50%以下となった。

同社の調べによると、昨年同時期の調査に比べ、日本と中国以外の7か国ではいずれもAndroid携帯のシェアが拡大しているという。

出典:KANTAR JAPAN