ノーブランド商品の購入の決め手、口コミよりもネットの評判を重視

朝日大学マーケティング研究所は、2013年5月15~20日にかけて、首都圏に住む20~60代の男女425人を対象に、ブランド購入に関する調査を行った。

以下は、知らないブランドの購入要件のランキング。

  1. 価格が安い 58.4%
  2. ネットで評判が良い 37.9%
  3. 日本製である 36.2%
  4. 売れ筋である 35.1%
  5. 信頼できる小売店で売られている 34.6%
  6. 口コミが聞いた 27.3%
  7. お店が薦めている 22.6%
  8. 陳列が目立つ 7.1%
  9. パッケージが目立つ 4.7%

購入時にブランドを気にする商品は、飲料では29.3%でビール・発泡酒、生活用品では35.9%でシャンプー・リンス、アパレルでは18.0%でスポーツ用品、小物・雑貨では27.9%で腕時計がそれぞれ1位となった。飲料は1位のビール・発泡酒こそ30%近くになったが、ほかは10%台となり、ブランドにこだわらない傾向にあることがわかる。一方、生活用品と小物・雑貨は全体的に数値が高く、ブランド買いにあるといえよう。

これは男女差にも表れている。ビール・発泡酒にこだわる男性は34.8%と、女性よりも11.6ポイントも高くなった。逆に、生活用品のほとんどは、男性よりも女性のほうがポイントが高い。

良質なPB商品が台頭し、ノーブランドでも不満がなくなってきた今、特にこだわる商品でなければ、ブランドにこだわらなくなってきたのかもしれない。

出典:Asahi Univ. Marketing Laboratory

Global Wealth 2013: Maintaining Momentum in a Complex World

ボストンコンサルティンググループは、世界の富裕層についての調査レポート「BCGグローバルウェルス・レポート」を公開した。

以下は、富裕層世帯数ランキング(世界トップ15)。

  1. United States
  2. Japan
  3. China
  4. United Kingdom
  5. Switzerland
  6. Canada
  7. Germany
  8. Taiwan
  9. Italy
  10. France
  11. Hong Kong
  12. Netherlands
  13. Russia
  14. Australia
  15. India

「BCGグローバルウェルス・レポート」は、家計金融資産の規模、富裕世帯数推計、オフショア資産(税負担軽減などを目的に海外の金融機関に預けられた資産)の規模、プライベートバンキング業務の動向などの分析をまとめたもの。今回は13回目の調査。

日本の家計金融資産は前年比2.4%増、17.2兆ドル、家計資産が100万ドル以上の富裕世帯数は146万世帯となった。

家計資産が1億ドル以上の超富裕層世帯数ではアメリカが、超富裕層世帯割合では香港がトップとなっている。

出典:bcg.perspectives – Global Wealth 2013: Maintaining Momentum in a Complex World