お弁当を作っている人の7割以上が、冷凍食品のお弁当用おかずを活用

マーシュは、2013年5月22~24日にかけて、20~60代の女性500人を対象に、冷凍食品に関するアンケート調査を行った。

以下は、直近3カ月以内に購入したことのある市販の冷凍食品のランキング(複数回答)。

  1. うどんやそば、ラーメンやパスタなどの麺類 60.2%
  2. 煮物、餃子、シューマイなどのおかず類 50.1%
  3. お弁当用のおかず類 49.9%
  4. カット野菜、枝豆、ミックスベジタブルなどの農産物 49.6%
  5. 唐揚げ、天ぷら、フライドポテトなどの揚げ物類 46.9%
  6. ピザ、グラタン、ドリアなどの洋食系の軽食類 39.6%
  7. エビ、イカ、シーフードミックスなどの魚介類 39.1%
  8. お好み焼き、たこ焼きなどの和食系の軽食類 34.4%
  9. 今川焼、たい焼き、ワッフルなどのお菓子類 18.4%
  10. 牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類 17.7%
  11. ブルーベリー、マンゴーなどの果物類 14.7%
  12. パン生地、パイ生地などの素材類 9.8%
  13. その他 6.1%

お弁当を作っているか否かで冷凍食品の購買傾向は大きく変わる。作っている人は「お弁当用のおかず類」が74.4%と圧倒的に多いが、作っていない人は「うどんやそば、ラーメンやパスタなどの麺類」が67.3%と自宅で食べる食品が多い。お弁当用のおかずは、1人分の小分けにされていることが多い。お弁当が不要なら、あえて小分けを購入する必要はないからと考えられる。

なお、普段からお弁当を作っている人は57.6%。夫(28.6%)、自分(27.2%)、子ども(23.4%)など家族が中心となっている。冷凍食品の購入頻度は、週1~2回が最も多く32.6%、そのうち56.3%がお弁当を作っていると回答している。

出典:マーシュ

アジアのFacebookユーザー数、1カ月間で69万人増える

セレージャテクノロジーは、5月のアジア各国のFacebook推定ユーザーを発表した。

以下は、5月の国別利用者数ランキング。

  1. インド
  2. インドネシア
  3. フィリピン
  4. タイ
  5. 日本
  6. ベトナム
  7. マレーシア
  8. 台湾
  9. パキスタン
  10. 大韓民国(韓国)
  11. 香港特別行政区(香港)
  12. バングラデシュ
  13. シンガポール
  14. ネパール
  15. スリランカ
  16. カンボジア
  17. モンゴル国
  18. 中華人民共和国(中国)
  19. アフガニスタン
  20. ラオス
  21. マカオ特別行政区(マカオ)
  22. ブルネイ
  23. モルディブ
  24. ブータン

アジア全体のユーザー数は、前回調査より69万人増加。日本のユーザー数も1.5%増の1,400万人となった。なお、中国は政府がFacebookをブロックしている関係で18位、58万人にとどまっている。

また、インドは昨年1月調査より16回連続1位となっているが、それでも対人口割合は5.1%に過ぎない。今後、さらに増加する可能性が高いだろう。

出典:セレージャテクノロジー

The Gartner Supply Chain Top 25 for 2013

The Gartner Supply Chain Top 25 for 2013.

  1. Apple 9.51
  2. McDonald’s 5.87
  3. Amazon.com 5.86
  4. Unilever 5.04
  5. Intel 4.97
  6. P&G 4.91
  7. Cisco Systems 4.67
  8. Samsung Electronics 4.35
  9. The Coca-Cola Company 4.33
  10. Colgate-Palmolive 4.27
  11. Dell 4.05
  12. Inditex 3.85
  13. Wal-Mart Stores 3.79
  14. Nike 3.62
  15. Starbucks 3.41
  16. PepsiCo 3.41
  17. H&M 3.22
  18. Caterpillar 2.91
  19. 3M 2.87
  20. Lenovo Group 2.75
  21. Nestlé 2.51
  22. Ford Motor 2.51
  23. Cummins 2.48
  24. Qualcomm 2.37
  25. Johnson & Johnson 2.35

出典:Gartner