ゲームアプリユーザーの2割が課金。課金金額は二極化傾向

インターネットコムは、2013年5月28~30日にかけて、全国10~60代以上の男女1,098人を対象に、ゲームアプリのついての調査を実施した。

以下は、ゲームアプリ内におけるアイテム購入総額のランキング。

  1. 0~500円未満 25.3%
  2. 1,000~3,000円未満 21.7%
  3. 500~1,000円未満 19.3%
  4. 3,000~5,000円未満 12.0%
  5. 3万円~5万円未満 8.4%
  6. 1万円~3万円未満 7.2%
  7. 10万円以上 4.8%
  8. 5万円~10万円未満 1.2%
  9. 5,000~1万円未満 0.0%

アンケート調査に回答した1,098人のうちスマホあるいはタブレット所有者は569人。その569人の中でゲームアプリがインストールされている人は405人、71.2%だった。ただし、ゲームアプリ内でアイテム購入したことのある人は83人と、2割程度でしかない。ゲームアプリそのものは多くの人に楽しまれているが、8割は無課金ユーザーということになる。

なお、アイテム購入金額も1,000円未満が44.6%となったことから、ゲームセンターと同じ感覚と遊んでいるものと思われる。その一方で1万円以上つぎ込む人も2割おり、アイテム課金は、少額と高額の二極化の傾向にある。

出典:インターネットコム

パパの「家」での時間、家事よりも子供の世話・教育中心

博報堂こそだて家族研究所は、2012年9月23~28日、10月12~15日にかけて、0~9歳の子供を持つ20~40代の既婚女性1,223人を対象に、パパの家事・育児参加度に関する調査を行った。

以下は、フルタイムの家庭でパパが参加している家事・育児ランキング。/h4>

  1. ゴミ出し 63.5%
  2. 子どもの身の回りの世話 58.3%
  3. 子どもの教育 45.7%
  4. 食事の片づけ 42.5%
  5. 水周りの掃除 41.0%
  6. 子どもの送迎 39.3%
  7. 洗濯 36.9%
  8. 買い物(食品・日用品) 34.7%
  9. 部屋の掃除 34.3%
  10. 居室外の掃除 33.1%
  11. 食事の準備 16.2%
  12. アイロンがけ 11.9%

フルタイムの夫婦は、パート・アルバイト、専業主婦の夫婦に比べ、すべての項目が数値を上回っていた。つまり、普段から夫も家事・育児をしているといえそうだ。ただし、家事時間は、フルタイムであっても平日は44分でしかない。パート・アルバイト、専業主婦の24分、26分よりも多いとはいえ、妻の家事時間(平日全体平均4時間24分)に比べれば戦力になっているとはいえないだろう。

一方、平日の育児・教育時間は、フルタイムが75分、パート・アルバイトが57分、専業主婦が62分と、家事ほどの開きはない。平日、「パパ」が「家」で過ごす時間はそれほど多くない。その貴重な時間は子供に多く使われているのかもしれない。

出典:博報堂こそだて家族研究所