20代女子が「素の自分」をさらけ出せるのは、友達よりも母親

クロス・マーケティングは、2013年5月2~6日にかけて、20~29歳男女学生、20~29歳男女有職者、30~59歳男女有職者合計1,000人を対象に、若者に関する調査を実施した。

以下は、20代有職者女性の「飾らずに素の自分をさらけ出せる相手」のランキング。

  1. 母親 39.5%
  2. 配偶者・恋人 30.0%
  3. 高校時代の友人 27.0%
  4. 大学時代の友人 25.0%
  5. 兄弟・姉妹 24.0%
  6. 父親 22.5%
  7. 中学校時代の友人 14.5%
  8. そのような人はいない/自分らしくふるまえるのは1人でいる時だけだ 9.0%
  9. 職場の部下・同僚・上司 8.5%
  10. 仕事関係の友人 7.0%
  11. その他の家族 6.0%
  12. 小学校時代の友人 5.5%
  13. 趣味・スポーツ等でつながっている知人 5.0%
  14. その他の知り合い 2.0%
  15. 誰と接するときでも自分らしくふるまっている 2.0%
  16. 自宅の近所の友人 1.5%
  17. 習い事・自己啓発の知り合った友人 1.5%
  18. ネット(SNSなど)を通じて知り合った友人 0.5%
  19. アルバイト先の人 0.5%
  20. 取引先等、仕事関係の人 0.5%

20代有識者女性も、20代学生女性と同じ曲線を描く。男性は女性に比べ、「そのような人はいない」の比率が高く、20代学生で23.0%、20代有職者で24.0%だった。これは、女性に比べ10ポイント程度高い。

逆に、女性の方が高いのは「母親」だ。20代学生が25.0%、20代有職者が22.5%なのに対して、女性学生は40.0%、女性有職者も39.5%と大きく差が開いた。

出典:クロス・マーケティング

スマホは大学生必需品? 高校3年~大学入学直前入手が過半数

近畿大学は、2013年度新入生6,383人(農・医・工学部を除く)を対象に、スマートフォンとSNSの利用状況に関するアンケートを実施した。

以下は、スマートフォンの使用開始時期のランキング。

  1. 高校3年生から 27.0%
  2. 大学入学前の春休みから 25.1%
  3. 高校2年生から 21.9%
  4. 高校1年生から 9.9%
  5. それ以外の時期から 4.3%

新入生の88.2%がスマートフォン使用、そのうち6割以上が高校在学中から使用している。また、「それ以外の時期から使用している」はおそらく中学生と推測されることから、約7割は中学・高校で手にしていることになる。

スマホの使用開始時期は早まる傾向がある。現在のところ、まだ小学生はスマホよりも携帯電話を持つことのほうが多いが、今後はスマホにとって代わられるのではないだろうか。

出典:近畿大学