価格や機能性よりも、ビールと遜色ない味わいが新ジャンルの理想

ゲインは、2013年5月27~28日にかけて、全国20歳以上の男女300人を対象に、「新ジャンル」に関する調査を行った。

以下は、理想の新ジャンルのランキング(複数回答)。

  1. 「麦」本来のうまみ 48.3%
  2. のどごしの爽快感 46.7%
  3. 雑味がないスッキリした味わい 35.7%
  4. 後味のうまさ 33.3%
  5. さらに求めやすい価格設定 31.3%
  6. 糖質オフ・ゼロなど機能性 25.0%
  7. 重厚感のある濃い飲み口 20.3%
  8. さわやかなホップの香り 16.3%
  9. 原材料や製造技術へのこだわり 13.7%
  10. センスのあるパッケージデザイン/ネーミング 6.0%
  11. 商品を選んだメーカーからのメッセージ4.0%
  12. その他 1.3%
  13. 思いつかない/特にない 6.0%

8割以上の人が、新ジャンルにもっともっと進化してほしいと思っているが、それは「ビールと遜色のない味わい」(77.8%)への進化を期待しているようだ。

そして、理想の新ジャンルでも、価格や機能性よりも「味」に対する要件が高くなった。ビールではないけれども、どこまでもビールに近い商品。それを求めているようだ。

出典:株式会社GAIN

読んだ本、Webでは管理しないもの? 読書Webサービスの知名度わずか11.7

インターネットコムとgooリサーチは、2013年5月24~28日にかけて、全国10~60代のインターネットユーザー1,068人を対象に、読書記録webサービスに関する調査を行った。

以下は、利用している(過去に利用していた)サービスのランキング。

  1. 読書メーター 55.4%
  2. ブクログ 39.3%
  3. ブクレコ 16.1%
  4. booklap 12.5%
  5. メディアマーカー 10.7%
  6. ブクペ 8.9%
  7. 本が好き 8.9%
  8. Googreads 5.4%
  9. liblar 3.6%
  10. ブックビネガー 3.6%
  11. inbook 1.8%

SNSやブログ、アマゾンには本の感想はたくさん書き込まれている。これほど多くの人が本を読んでいても、読書メーターやブクログなどの読書Webサービスはほとんど知られていなかったことが判明。読書Webサービスを知っていると回答した人はわずか11.7%だったのである。

知っていると回答した人のうち、現在も利用している人は24.0%、現在は利用していないが、利用したことがあるという人は20.8%。存在を知ってはいても、約半数は利用していない。

これは知名度が低いからなのか、それともFacebookあるいはアマゾンに書き込んだうえで、さらに別のWebサービスにも書き込むのが面倒なのか、いずれにしても読書Webサービスのあり方を考え直したほうがよいのではないだろうか。

出典:インターネットコム

遅刻をメールで連絡。男性よりも女性が活用

ネオマーケティングは、2013年5月21~22日にかけて、全国の20~59歳の男女400人を対象に、時間に関する調査を行った。

以下は、遅刻する時にメールで連絡するランキング(複数回答)。

  1. 20~29歳女性 78.0%
  2. 30~39歳女性 70.0%
  3. 40~49歳女性 60.0%
  4. 50~59歳女性 56.0%
  5. 20~29歳男性 50.0%
  6. 40~49歳男性 34.0%
  7. 50~59歳 34.0%
  8. 30~39歳男性 30.0%

全体的に、遅刻の連絡はメールよりも電話の方がはるかに高くなった。すべての世代、男女で最も低いのが20~29歳男性・女性であり、30~39歳男性と40~49歳男性などはメール比率は低かったが、電話は90.0%、92.0%と全世代の中で一番高くなった。なお、電話もメールも70%を超えたのは、20~29歳女性と30~39歳女性のみとなった。

ちなみに時間にルーズだと思うのは全体の30.8%。世代別では20~29歳で39.0%が「とてもそう思う」「ややそう思う」と答えている。

世代別で見ても、時間は守る人のほうが多いように見える。これも日本人の美徳の一つかもしれない。

出典:NEO MARKETING – ネオマーケティング

ノーブランド商品の購入の決め手、口コミよりもネットの評判を重視

朝日大学マーケティング研究所は、2013年5月15~20日にかけて、首都圏に住む20~60代の男女425人を対象に、ブランド購入に関する調査を行った。

以下は、知らないブランドの購入要件のランキング。

  1. 価格が安い 58.4%
  2. ネットで評判が良い 37.9%
  3. 日本製である 36.2%
  4. 売れ筋である 35.1%
  5. 信頼できる小売店で売られている 34.6%
  6. 口コミが聞いた 27.3%
  7. お店が薦めている 22.6%
  8. 陳列が目立つ 7.1%
  9. パッケージが目立つ 4.7%

購入時にブランドを気にする商品は、飲料では29.3%でビール・発泡酒、生活用品では35.9%でシャンプー・リンス、アパレルでは18.0%でスポーツ用品、小物・雑貨では27.9%で腕時計がそれぞれ1位となった。飲料は1位のビール・発泡酒こそ30%近くになったが、ほかは10%台となり、ブランドにこだわらない傾向にあることがわかる。一方、生活用品と小物・雑貨は全体的に数値が高く、ブランド買いにあるといえよう。

これは男女差にも表れている。ビール・発泡酒にこだわる男性は34.8%と、女性よりも11.6ポイントも高くなった。逆に、生活用品のほとんどは、男性よりも女性のほうがポイントが高い。

良質なPB商品が台頭し、ノーブランドでも不満がなくなってきた今、特にこだわる商品でなければ、ブランドにこだわらなくなってきたのかもしれない。

出典:Asahi Univ. Marketing Laboratory

Global Wealth 2013: Maintaining Momentum in a Complex World

ボストンコンサルティンググループは、世界の富裕層についての調査レポート「BCGグローバルウェルス・レポート」を公開した。

以下は、富裕層世帯数ランキング(世界トップ15)。

  1. United States
  2. Japan
  3. China
  4. United Kingdom
  5. Switzerland
  6. Canada
  7. Germany
  8. Taiwan
  9. Italy
  10. France
  11. Hong Kong
  12. Netherlands
  13. Russia
  14. Australia
  15. India

「BCGグローバルウェルス・レポート」は、家計金融資産の規模、富裕世帯数推計、オフショア資産(税負担軽減などを目的に海外の金融機関に預けられた資産)の規模、プライベートバンキング業務の動向などの分析をまとめたもの。今回は13回目の調査。

日本の家計金融資産は前年比2.4%増、17.2兆ドル、家計資産が100万ドル以上の富裕世帯数は146万世帯となった。

家計資産が1億ドル以上の超富裕層世帯数ではアメリカが、超富裕層世帯割合では香港がトップとなっている。

出典:bcg.perspectives – Global Wealth 2013: Maintaining Momentum in a Complex World