価格や機能性よりも、ビールと遜色ない味わいが新ジャンルの理想

ゲインは、2013年5月27~28日にかけて、全国20歳以上の男女300人を対象に、「新ジャンル」に関する調査を行った。

以下は、理想の新ジャンルのランキング(複数回答)。

  1. 「麦」本来のうまみ 48.3%
  2. のどごしの爽快感 46.7%
  3. 雑味がないスッキリした味わい 35.7%
  4. 後味のうまさ 33.3%
  5. さらに求めやすい価格設定 31.3%
  6. 糖質オフ・ゼロなど機能性 25.0%
  7. 重厚感のある濃い飲み口 20.3%
  8. さわやかなホップの香り 16.3%
  9. 原材料や製造技術へのこだわり 13.7%
  10. センスのあるパッケージデザイン/ネーミング 6.0%
  11. 商品を選んだメーカーからのメッセージ4.0%
  12. その他 1.3%
  13. 思いつかない/特にない 6.0%

8割以上の人が、新ジャンルにもっともっと進化してほしいと思っているが、それは「ビールと遜色のない味わい」(77.8%)への進化を期待しているようだ。

そして、理想の新ジャンルでも、価格や機能性よりも「味」に対する要件が高くなった。ビールではないけれども、どこまでもビールに近い商品。それを求めているようだ。

出典:株式会社GAIN

読んだ本、Webでは管理しないもの? 読書Webサービスの知名度わずか11.7

インターネットコムとgooリサーチは、2013年5月24~28日にかけて、全国10~60代のインターネットユーザー1,068人を対象に、読書記録webサービスに関する調査を行った。

以下は、利用している(過去に利用していた)サービスのランキング。

  1. 読書メーター 55.4%
  2. ブクログ 39.3%
  3. ブクレコ 16.1%
  4. booklap 12.5%
  5. メディアマーカー 10.7%
  6. ブクペ 8.9%
  7. 本が好き 8.9%
  8. Googreads 5.4%
  9. liblar 3.6%
  10. ブックビネガー 3.6%
  11. inbook 1.8%

SNSやブログ、アマゾンには本の感想はたくさん書き込まれている。これほど多くの人が本を読んでいても、読書メーターやブクログなどの読書Webサービスはほとんど知られていなかったことが判明。読書Webサービスを知っていると回答した人はわずか11.7%だったのである。

知っていると回答した人のうち、現在も利用している人は24.0%、現在は利用していないが、利用したことがあるという人は20.8%。存在を知ってはいても、約半数は利用していない。

これは知名度が低いからなのか、それともFacebookあるいはアマゾンに書き込んだうえで、さらに別のWebサービスにも書き込むのが面倒なのか、いずれにしても読書Webサービスのあり方を考え直したほうがよいのではないだろうか。

出典:インターネットコム

遅刻をメールで連絡。男性よりも女性が活用

ネオマーケティングは、2013年5月21~22日にかけて、全国の20~59歳の男女400人を対象に、時間に関する調査を行った。

以下は、遅刻する時にメールで連絡するランキング(複数回答)。

  1. 20~29歳女性 78.0%
  2. 30~39歳女性 70.0%
  3. 40~49歳女性 60.0%
  4. 50~59歳女性 56.0%
  5. 20~29歳男性 50.0%
  6. 40~49歳男性 34.0%
  7. 50~59歳 34.0%
  8. 30~39歳男性 30.0%

全体的に、遅刻の連絡はメールよりも電話の方がはるかに高くなった。すべての世代、男女で最も低いのが20~29歳男性・女性であり、30~39歳男性と40~49歳男性などはメール比率は低かったが、電話は90.0%、92.0%と全世代の中で一番高くなった。なお、電話もメールも70%を超えたのは、20~29歳女性と30~39歳女性のみとなった。

ちなみに時間にルーズだと思うのは全体の30.8%。世代別では20~29歳で39.0%が「とてもそう思う」「ややそう思う」と答えている。

世代別で見ても、時間は守る人のほうが多いように見える。これも日本人の美徳の一つかもしれない。

出典:NEO MARKETING – ネオマーケティング

ノーブランド商品の購入の決め手、口コミよりもネットの評判を重視

朝日大学マーケティング研究所は、2013年5月15~20日にかけて、首都圏に住む20~60代の男女425人を対象に、ブランド購入に関する調査を行った。

以下は、知らないブランドの購入要件のランキング。

  1. 価格が安い 58.4%
  2. ネットで評判が良い 37.9%
  3. 日本製である 36.2%
  4. 売れ筋である 35.1%
  5. 信頼できる小売店で売られている 34.6%
  6. 口コミが聞いた 27.3%
  7. お店が薦めている 22.6%
  8. 陳列が目立つ 7.1%
  9. パッケージが目立つ 4.7%

購入時にブランドを気にする商品は、飲料では29.3%でビール・発泡酒、生活用品では35.9%でシャンプー・リンス、アパレルでは18.0%でスポーツ用品、小物・雑貨では27.9%で腕時計がそれぞれ1位となった。飲料は1位のビール・発泡酒こそ30%近くになったが、ほかは10%台となり、ブランドにこだわらない傾向にあることがわかる。一方、生活用品と小物・雑貨は全体的に数値が高く、ブランド買いにあるといえよう。

これは男女差にも表れている。ビール・発泡酒にこだわる男性は34.8%と、女性よりも11.6ポイントも高くなった。逆に、生活用品のほとんどは、男性よりも女性のほうがポイントが高い。

良質なPB商品が台頭し、ノーブランドでも不満がなくなってきた今、特にこだわる商品でなければ、ブランドにこだわらなくなってきたのかもしれない。

出典:Asahi Univ. Marketing Laboratory

Global Wealth 2013: Maintaining Momentum in a Complex World

ボストンコンサルティンググループは、世界の富裕層についての調査レポート「BCGグローバルウェルス・レポート」を公開した。

以下は、富裕層世帯数ランキング(世界トップ15)。

  1. United States
  2. Japan
  3. China
  4. United Kingdom
  5. Switzerland
  6. Canada
  7. Germany
  8. Taiwan
  9. Italy
  10. France
  11. Hong Kong
  12. Netherlands
  13. Russia
  14. Australia
  15. India

「BCGグローバルウェルス・レポート」は、家計金融資産の規模、富裕世帯数推計、オフショア資産(税負担軽減などを目的に海外の金融機関に預けられた資産)の規模、プライベートバンキング業務の動向などの分析をまとめたもの。今回は13回目の調査。

日本の家計金融資産は前年比2.4%増、17.2兆ドル、家計資産が100万ドル以上の富裕世帯数は146万世帯となった。

家計資産が1億ドル以上の超富裕層世帯数ではアメリカが、超富裕層世帯割合では香港がトップとなっている。

出典:bcg.perspectives – Global Wealth 2013: Maintaining Momentum in a Complex World

海外でのお買い物、自分用に現地の高級特産品を購入

JTB総合研究所は、2012年10月18~20日にかけて、日本に居住し、2012年3月~9月までに海外旅行をした20~78歳の男女1,030人を対象に、海外ショッピング調査を行った。

以下は、平均購入額の多いカテゴリのランキング。

  1. 服飾品、バッグ、アクセサリー、革製品、ランジェリー 841US$
  2. 宝飾品、時計 731US$
  3. 現地の高級特産品 619US$
  4. 香水、フレグランス、化粧品 312US$
  5. ガラス製品、銀製品、高級おもちゃなど 299US$
  6. 電気製品、携帯電話(参考値) 277US$
  7. 菓子 218US$
  8. 酒類 183US$
  9. タバコ 131US$

2012年の海外旅行者数は過去最高の1,849万人。2000年以降、グアム/サイパン、ハワイなどが低迷している反面、2004年以降、韓国、中国への旅行者が増えているようだ。

お買いもの費用の平均は697米ドル。2010年よりも51米ドル増えている。カテゴリ別では「現地の高級特産品」「菓子」が伸びている。

円安になったとはいえ、1ドル110円前後の水準であれば、海外旅行者も海外旅行でのお買い物も現状とほぼ同じ傾向が続くのではないだろうか。

出典:JTB総合研究所

日本はコンテンツ利用にお金を払いたがらない? 広告回避のための有料課金同意率で世界10カ国の平均をかなり下回る

デロイト トーマツ コンサルティングは、2013年度の「メディアデモクラシーの現状」の結果を発表した。「メディアデモクラシーの現状」は、2012年11月~2013年2月にかけて、日本、アメリカ、オーストラリア、フランス、ドイツ、イタリア、韓国、ノルウェー、スペイン、イギリスの10カ国の消費者20,315人(日本は2,009人)を対象に、メディア消費の動向を調査したもの。2013年度版は7回目となる。

以下は、広告回避のための有料課金同意率の10カ国のランキング。

  1. ノルウェー 39%
  2. 韓国 35%
  3. スペイン 27%
  4. アメリカ 26%
  5. オーストラリア 23%
  6. ドイツ 21%
  7. イギリス 20%
  8. イタリア 19%
  9. フランス 18%
  10. 日本 8%

広告回避のための有料課金とは、広告が表示されないために、ニュースやテレビ、音楽、ゲームなどのオンラインコンテンツに支出することに対して同意すること。10カ国平均は22%。日本以外はだいたい20%前後、ノルウェーや韓国では3割を超えている。

この傾向は、他の項目にも出ている。たとえば、映像サービスの契約率では、ケーブルテレビこそ22%となったが、衛星放送は13%、ストリーミング映像サービスは2%、ビデオオンデマンドも1%と、これも平均よりもかなり低くなった。また、有料放送の契約率も4割弱でしかなく平均の54%に比べると20ポイントも低くなった。さらに、定額オンライン音楽配信サービスにいたってはわずか1%(平均6%)、電子書籍も9%(平均26%)と共に最下位だ。

FTTHの普及率は48%と、平均の16%よりもはるかに高いことから、世帯へのネットワーク環境はかなり整ってきているといえるだろう。だが、日本に根強く残る「コンテンツは無料」という意識が、この調査結果によく出ているように思える。

出典:トーマツ

Gartner Says Worldwide Server Shipments Declined 0.7 Percent; Revenue Declined 5 Percent in First Quarter of 2013

In the first quarter 2013, worldwide server shipments declined 0.7 percent year-on-year, while revenue declined 5.0 percent from the first quarter of 2012, according to Gartner, Inc. This is Worldwide Server Vendor share, 1Q13.

  1. IBM 25.5%
  2. HP 25.0%
  3. Dell 18.0%
  4. Fujitsu 4.9%
  5. Oracle 4.6%
  6. Others 22.0%

出典:Gartner

飲食の簡素化・有料化は仕方ないが、遅延が発生する恐れがあるのは許せないらしい

ライフメディア リサーチバンクは、2013年5月15~22日にかけて、20歳以上の1年に1回以上航空機を利用する男女1,500人を対象に、格安航空会社(LCC)に関する調査を実施した。

以下は、LCCが低価格で運行するために行っている施策で許容できると思うものランキング(全体:複数回答)。

  1. 食事や飲料の簡素化、有料化 80.6%
  2. エコノミークラスのみ 56.7%
  3. 機内エンターテインメントの廃止 53.9%
  4. 毛布や枕の有料化 50.3%
  5. 航空券の予約・販売はインターネットのみ 48.1%
  6. マイレージサービスをしない 42.4%
  7. 預かり手荷物の有料化 36.1%
  8. 座席や座席間が狭い 33.9%
  9. 座席指定の有料化 27.9%
  10. 小型空港からの発着 24.7%
  11. 座席指定の廃止 20.7%
  12. 保有機材の効率よい運行(遅延が発生する恐れ有) 14.5%
  13. キャンセルができない 12.7%
  14. 許容できるものはない 4.3%

全体的に女性よりも男性の方がわずかに数値が大きくなった(許容度が高い)。特に「毛布や枕の有料化(8.5ポイント差)」「座席指定の廃止(6.3ポイント差)」「座席指定の有料化(8.7ポイント差)」「小型空港からの発着(10.1ポイント差)」「保有機材の効率よい運行(8.7ポイント差)」は、男女差で意識がかなり異なる。

LCCの認知度は男性が75.3%、女性が61.3%となり、認知度は高いといえる。ただし、実際に利用したことのある人は男性が22.3%、女性が19.5%で2割程度にとどまっている。

利用した人はわずか2割程度だが、彼らの満足度(「非常に満足」「満足」の合計)は、男性57.5%、女性58.9%と、それなりの評価は得ている。

出典:リサーチバンク

LINE、10代で90%、20代でも77%が利用

ニールセンは、スマートフォン視聴率情報Mobile NetViewの3月データの結果を発表した。

以下は、スマートフォンからのサービス利用状況トップ5(男女別)。

    ●男性

  1. Google検索 78%
  2. Google地図 60%
  3. Google Play 60%
  4. 楽天市場 55%
  5. LINE 54%

    ●女性

  1. Google検索 83%
  2. LINE 73%
  3. 楽天市場 66%
  4. Google地図 63%
  5. Google Play 62%

一人当たりの月間利用時間は、男性が34時間、女性が47時間となり、女性のほうがはるかに利用している。また、男女差も出ており、話題のLINEは女性のほうが19ポイントも多くなった。

年代別でもLINEは40代以降が半数以下となったことに対し、10代は90%、20代は77%が利用している。また、10代、20代ではアメブロ(10代で73%、20代で61%)の利用も多い。逆に60代以上になると、他の年代ではトップ5に入っていないYahoo!ニュース(37%)が5位にランクインされている。

スマホの利用では、男女差というよりも世代差が明確に出た感がある。その一方で、どの年代でもGoogle検索は7割以上が使っていることが改めて認識される結果となったといえよう。

今後もLINEが伸びていくのか、それとも別のアプリが台頭するか、これからの展開が期待できそうだ。

出典:ニールセン株式会社