一番使われている電子体温計の価値とは?

聞く技術研究所(株式会社ドゥ・ハウス)は、2013年3月8~12日にかけて、全国20~69歳の男女2,000人を対象に、2012-2013越冬風邪とカラダの継続調査の13回目を実施した。

以下は、電子式体温計使用者による電子式体温計の価値ランキング。

  1. アラームで計り終わりを知らせてくれる
  2. 短時間で計れる(予測計測)
  3. 数値が見やすい
  4. 数値がデジタルで表示される
  5. 安全・割れない
  6. 簡単
  7. 正確に計れる・安定している
  8. 手軽・気軽
  9. 丈夫・こわれにくい
  10. リセットしやすい
  11. 電源のON/OFFが簡単
  12. 水銀式のように振らなくてもいい
  13. わかりやすい
  14. 子どもでも計れる
  15. 保管や取り扱いが楽
  16. 使い慣れている
  17. 直近に計った体温がわかる
  18. 腋に挟むだけでいい
  19. コンパクト
  20. 軽い
  21. エラー表示が出る
  22. バッテリーが長持ちする
  23. 価格が安い
  24. 腋に挟みやすい

普段使用する体温計は、81.2%が電子式、14.9%が水銀式、2.9%が耳式という結果となった。40代男性、60代男性、60代女性で水銀式の使用者が多くなるものの、年齢・男女差がほとんどない。

また、電子式体温計の不満として最も多かったのは「もっと計測時間を短くしてほしい」だった。この欠点を改良した製品が耳式体温計なのだが、実は耳式体温計では「正確に計測されていない」が最も不満が多いという結果となった。一方、正確に計りたいのであれば、水銀式体温計が一番なのだが、水銀式は破損しやすいや計測時間が長いといった不満点が挙げられた。

短時間に正確に計れる体温計が欲しいというのは難しいのだろうか。

出典:聞く技術研究所-株式会社ドゥ・ハウス

子供時代に歯並びを直さなかった理由は、治療装置の見た目が悪いせい?

アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社は、2013年3月に成人後に矯正治療を受けた300人を対象に、矯正歯科治療に対する意識調査を実施した。

以下は、子供の頃に矯正したいと思わなかった理由のランキング(複数回答)。

  1. 治療装置の見た目
  2. 治療費
  3. 治療の痛み
  4. 食事や歯磨きへの影響
  5. 受験や部活などへの影響

成人になってから治療した人の58.0%は子供の頃から歯並びを気にしていたという。また、43.7%が、未治療の理由として、治療したいと思わなかったと回答している。

矯正は長期間、矯正器具を装着する必要がある。特に装着した際の見た目が悪くなるのは、思春期の女子にはつらいことかもしれない。

出典:アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社

風邪薬は上位3ブランドが強く、新規参入は難しい

聞く技術研究所(株式会社ドゥ・ハウス)は、2013年2月8日~13日にかけて、全国の20~69歳の男女2,000人に対して越冬風邪とカラダについてアンケート調査を行いました。この調査は2012年第3週から週1回行っており、今回は9回目です。

以下は、風邪をひいたときに服用する市販薬のランキングTOP10。

  1. パブロン
  2. ベンザロック
  3. ルル
  4. コンタック
  5. 葛根湯
  6. バファリン
  7. 改源
  8. ジキニン
  9. エスタック
  10. プレコール

市販の風邪薬の上位3ブランドの占有率は46.7%、不明率は27.8%です。一方、花粉症の薬は上位3ブランドの占有率が7.2%で、不明率が81.9%です。

上位3ブランドの占有率を縦軸に、不明率を横軸にとってみると、左上の象限(圧倒的なブランドがあり、新規参入が難しい)にかゆみ止めの塗薬、頭痛薬、風邪薬、目薬が、右下の象限(強いブランドがないため、新規参入しやすい)に水虫薬、花粉症の薬、酔い止めの薬が位置します。

出典:聞く技術研究所-株式会社ドゥ・ハウス

ネットショッピングなら買いたい医薬品、トップ3は滋養強壮、育毛剤、漢方薬

電通総研は、2013年3月、全国20~60代の男女2,000人を対象に、市販薬のインターネット販売に関する意識調査を実施しました。

以下は、今まで購入していなかったが、インターネットでなら新たに購入したいと回答した人の多かったカテゴリーランキング。

  1. 滋養強壮・ビタミン剤
  2. 育毛剤
  3. 漢方薬
  4. 薬用酒
  5. 鎮痒消炎薬
  6. 肥満防止剤
  7. 水虫薬
  8. 外用消炎鎮痛剤
  9. 痔疾用薬
  10. 胃腸薬(常備薬)
  11. 頻尿・尿漏れ改善薬
  12. 便秘薬
  13. ドリンク剤
  14. 風邪薬/総合感冒薬(即効性)
  15. 目薬
  16. 風邪薬/総合感冒薬(常備薬)
  17. 鎮痛剤/解熱鎮痛剤(即効性)
  18. 妊娠診断薬・排卵予知薬
  19. 睡眠改善薬
  20. 鎮痛剤/解熱鎮痛剤(常備薬)
  21. 胃腸薬(即効性)
  22. 鼻炎治療剤

今まで購入したことがないが、インターネット販売ならば買いたい医薬品があると回答したのは、全体の46.2%でした。

電通総研では、2011年度の販売高金額を元に市場規模を推計、その結果、最大で2,400億円程度市販薬市場が拡大する可能性があると報告しています。

出典:電通

医者がモンスターペイシェントと感じる患者は、対応へのクレーム行為

ケアネットが医者1,000名に対して、2013年2月12日~13日に実施したモンスターペイシェンとの経験と対応調査。モンスターペイシェントだと感じた経験内容を経験例の多い順でランキング

  1. スタッフの対応にクレーム
  2. 診察の優先や待ち時間に関する要求、暴言
  3. 不要な投薬・過剰な投薬
  4. 治療法や薬剤を指定する
  5. 空いているからと時間外・夜間診療の繰り返し
  6. 治療費・入院費を払わない
  7. 診察をしないで投薬のみを要求する。
  8. 訴える、刺すなどの脅迫
  9. 検査・診察・食事の拒否
  10. 入院を教養
  11. 事実と異なることを吹聴
  12. 退院を拒否
  13. ご自身・スタッフに暴力を振るう
  14. 土下座や謝罪の要求
  15. その他

医者がモンスターペイシェントと感じる患者のうち、患者からの過度な要求・行動・クレームの内容ランキング。しかも、こうしたクレームを2〜3ヶ月に1度(23.7%)を受けると感じるという。ちなみに、半年に1度ぐらい遭遇する率は23.7%、年に1度遭遇する率は24.3%。年に1度ないぐらいで遭遇する率は25.9%と比較的似同じような値となる。なお、週に2〜3度以上遭遇する率も1%ある。ここまでくると、患者だけの問題ではないような気がする。

出典:ケアネット