LINEなどの通話アプリ、普及はこれから? 9割以上がキャリアメールを利用

インターネットコムとgooリサーチは、5月7~10日にかけて、10~50代以上の携帯電話ユーザー1,073人を対象に、IT文字コミュニケーションについて調査した。

以下は、文字コミュニケーションの手段方法のランキング。

  1. 携帯電話キャリアのメール 91.2%
  2. Webメール 56.9%
  3. 携帯電話キャリアのSMS 48.5%
  4. SNSのメッセージ機能 39.5%
  5. 音声通話対応サービス(通話アプリなど)のメッセージ機能 36.3%
  6. Webメール機能のないパソコン向けメール 18.5%
  7. その他 0.0%
  8. 利用していない 1.2%

ほとんどの人が使うのは携帯電話キャリアのメールだが、携帯キャリアのSMSを使う人も50%が目前となった。これは、異なるキャリア間でもSMSが使えるようになったことで、利用者の増えてきたのだろう。

一方、LINEやSkypeなどの通話アプリは36.3%に留まっており、思ったよりも少ないという印象を受ける。ただし、音声アプリ利用者の90.0%はLINEを利用しており、LINEの圧倒的な強さを見せている。

この調査は、インターネットコムとgooリサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行うものであり、今回はその第1回目である。

出典:インターネットコム

光のシェアは低くても、顧客満足度が高いケイ・オプティコム

ICT総研は、ブロードバンドサービスの東西エリア別市場動向に関する調査結果をまとめた。2013年5月に実施した23,000人のインターネットユーザーを対象にした顧客満足度の結果は次の通り。

  1. eo光(西日本) 71.6ポイント
  2. auひかり(西日本) 66.7ポイント
  3. auひかり(東日本) 66.4ポイント
  4. フレッツ光(西日本) 65.5ポイント
  5. Yahoo!BB光(東日本) 63.4ポイント
  6. フレッツ光(東日本) 62.9ポイント
  7. Yahoo!BB光(西日本) 62.7ポイント

ケイ・オプティコムのeo光は、サービス品質、料金、顧客対応のすべてにおいて1位を獲得、圧倒的な強さを見せた。

ブロードバンドサービスの総契約件数は、2013年3月末時点で4,058万件。そのうち光回線は2,385万件で59%を占める。

光回線のシェアは、東日本ではNTT東日本が78.3%、西日本ではNTT西日本が66.3%を占め、他社を大きく引き離し不動の地位を築いている。当分の間、シェアが大きく変わることはないと思われるが、2012年度は初めてKDDIの純増数がNTT東日本、NTT西日本を上回ったことから、携帯電話のように徐々に切り崩されている可能性がないとはいえないだろう。

出典:ICT総研

20~30代女性、6割以上が化粧品をお店で見てからスマホで購入

ネオマーケティングは、2013年5月2~7日にかけて、スマートフォンを所有する20~39歳の女性400人を対象に、夏前のスマホでのショッピングに関する意識調査を実施した。

以下は、店頭で商品を確認し、スマホで購入したことのある商品カテゴリのランキング。

  1. 化粧品 66.4%
  2. 服 50.3%
  3. 書籍 48.3%
  4. 食品 40.3%
  5. アクセサリー、雑貨 37.6%
  6. 家電 35.6%%
  7. その他 4.0%

店頭で確認した商品を、その後スマホなどで購入したことがないと回答した人であっても、店頭で商品を確認したり、商品説明を受けた上でスマホで購入したいと思う商品カテゴリの1位は、「化粧品」(43.0%)だった。

なお、57.0%の女性がスマホでオンラインショッピングをしたことのあり、78.8%が店頭で見た商品をスマホで調べたことがあると回答。また、店頭で確認した商品をその後スマホで購入したことのある人も65.4%となった。

これは、PCによるネットショッピングが一般化したこと、店頭でもスマホならば手軽に商品に関して検索できるようになったことで、店頭で確認し、スマホで購入するショールーミングの利便性が従来よりも高くなったことが要因ではないだろうか。

出典:ネオマーケティング

日本はiPhone好き? 主要国で日本だけがAndroid携帯よりもiPhoneのシェアが高い

カンター・ジャパンは、2013年1~3月にかけて、日本、アメリカ、中国(都市部)、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストラリアに住む16歳以上の男女(イギリスは13歳以上)10,000人を対象に、「カンター・ワールドパネル・コムテック調査」を実施した。

以下は、Android携帯の販売シェアの国別ランキング。

  1. スペイン
  2. ドイツ
  3. 中国(都市部)
  4. フランス
  5. イタリア
  6. オーストラリア
  7. イギリス
  8. アメリカ
  9. 日本

Android携帯よりもiPhoneのほうがシェアが高かったのは、日本だけだった。また、日本とアメリカの2カ国は、Android携帯のシェアが50%以下となった。

同社の調べによると、昨年同時期の調査に比べ、日本と中国以外の7か国ではいずれもAndroid携帯のシェアが拡大しているという。

出典:KANTAR JAPAN

今時のテレビの見方、テレビを見ながらネットで関連情報を検索

シード・プランニングは、2013年3~4月にかけて、スマートフォン、パソコン、テレビを所有する20歳以上の男女800人を対象に、マルチスクリーン利用実態調査を行った。

以下は、テレビ番組視聴中のネット利用の内容のランキング。

  1. 関連情報をネットで検索
  2. 番組連動のゲームや投票に参加
  3. その番組の感想などを、家族や友人にメールする
  4. その番組の感想などを、SNS、ブログ、ツイッター等に書き込む
  5. ツイッター等でその番組の評判を確認
  6. その番組の感想などを、番組サイトに書き込む

テレビ番組を見ながらネットを利用した経験がある人は7割だが、その6割は関連情報をネットで検索という利用方法となった。ネットは、スマホとパソコンが多く、どちらの組み合わせも40%を超えている。

なお、複数端末を同時に利用することはないと回答した人はわずか13.9%だった。この結果から、何らかの端末を複数使うことを前提にコンテンツを作成すべきなのかもしれない。

出典:シード・プランニング

Amebaユーザー、政治家の主張はブログで見る

株式会社サイバーエージェントは、2013年2月28日~3月4日にかけて、Ameba会員男女16,142人からネット選挙に関する意識調査を行った。

以下は、政党や政治家の発信をどのソーシャルメディアを通してみたいかのランキング(複数回答)。

  1. ブログ
  2. YouTube
  3. Twitter
  4. Facebook
  5. ニコニコ動画
  6. LINE
  7. その他サービス
  8. mixi
  9. 無回答

ネット選挙解禁で、回答者の7割がネットユーザーの政治への関心・理解度が深まり、政策を知る機会になると回答し、約6割が投票に行くとしている。

ネット解禁によって政党や政治家の主張を知る機会が増え、政治意識が向上する日も近いかもしえない。

出典:株式会社サイバーエージェント

春の嵐のチェックは、ネットよりもテレビの天気予報

株式会社マクロミルは、2013年4月7~8日にかけて、1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城)の20歳以上の男女1,000人を対象に、春の嵐に関する意識調査を実施した。

以下は、その中の気象情報を収集した情報源のランキング(複数回答)。

  1. テレビの天気予報
  2. インターネットの天気予報サイト
  3. テレビのニュース・情報番組
  4. インターネットのニュース・トピック
  5. 新聞
  6. テレビのデータ放送(dボタン)
  7. アプリ(LINE、comm、天気予報アプリなど)
  8. ラジオ
  9. Twitter
  10. 気象情報を収集しなかった
  11. SNS(Facebook、mixiなど)
  12. その他

最も多かったテレビの天気予報は78.1%、次のインターネットの天気予報サイトは60.7%となり、多くの人がテレビの天気予報で確認していることが判明。

4月6~7日にかけての春の嵐は、土日だったこともあり、77.6%が自宅で過ごしたと回答。また、予定を変更した人も45.2%いた。

出典:マクロミル

アジアでFacebookのユーザー数、増加率ではベトナム、数ではインド

株式会社セレージャテクノロジーは、4月7日現在のアジア各国のFacebook推定ユーザー数を発表した。

以下は、前月比増加率の多い国順ランキング。

  1. ベトナム
  2. バングラデシュ
  3. ネパール
  4. モンゴル国
  5. アフガニスタン
  6. ラオス
  7. パキスタン
  8. 香港特別行政区(香港)
  9. ブータン
  10. カンボジア
  11. インド
  12. スリランカ
  13. フィリピン
  14. 台湾
  15. タイ
  16. 大韓民国(韓国)
  17. マカオ特別行政区(マカオ)
  18. マレーシア
  19. シンガポール
  20. 日本
  21. インドネシア
  22. 中華人民共和国(中国)
  23. ブルネイ
  24. モルディブ

ユーザー数の増加で一番多かったのはインドで6386万人、次がインドネシアの4813万人、、3位がフィリピンで3057万人、日本は1353万人で5位だった。

アジア全体では、前月調査時より625万人増加となった。

出典:セレージャテクノロジー

スマホのダウンロード速度、iPhoneよりもAndroidoのほうが速い

MMD研究所(株式会社アップデイト)は、2013年3月21~27日にかけて、AndroidとiPhone5を対象に、全国23都市100ヵ所で4G、LTEの補足状況と通信速度テストを実施した。

以下は、ダウンロード平均値のランキング。

  1. AQUOS PHONE Xx 203SH(SoftBank)
  2. HTC J butterfly HTL21(au)
  3. Xperia Z SO-02E(docomo)
  4. iPhone5(SoftBnak)
  5. iPhone5(au)

調査に使用したスマートフォンは、Xperia Z SO-02E(docomo)、HTC J butterfly HTL21(au)、iPhone5(au)、AQUOS PHONE Xx 203SH(SoftBank)、iPhone5(SoftBnak)。通信速度テストはRBB TODAY SPEED TESTアプリを使用し、10~19時の間に同条件で3回計測、その平均値を記録した。

なおアップロード速度は、他の4機種が4~5Mbps程度なのに比べ、auのHTCは11.25Mbpsで圧倒的に速いという結果となった。

出典:MMD研究所

地下鉄でのネット利用、ゲームよりもニュースのチェック

楽天リサーチ株式会社は、2013年4月5~7日にかけて、通勤・通学で東京メトロ各線・都営地下鉄各線を利用、かつスマートフォンを主に利用している、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県に住む15~69歳の男女500人を対象に、地下鉄でのインターネット利用に関する調査を実施した。

以下は、より多く利用するようになったコンテンツのランキング。

  1. ニュースサイトの閲覧
  2. 検索サイトでの調べもの
  3. メールの利用
  4. SNSの閲覧・更新(Facebook、Twitterなど)
  5. メッセージアプリの利用(LINE、カカオトークなど)
  6. ブログ、まとめサイトの閲覧
  7. ショッピングサイトの閲覧
  8. ゲームの利用
  9. 動画サイトの閲覧

地下鉄走行中での携帯でんわの電波開通で、インターネットの接続時間は9分増え、1日平均22分となった。

なお、動画サイトやゲーム、メッセージアプリは、4割以上の人がもともと利用していないと回答している。

ヒマつぶしに携帯ゲームが流行っていたが、最近ではそれほどでもないのかもしれない。

出典:楽天リサーチ